<-- シニアの持つ知識と経験を活用し地域の活性化に寄与することをめざしています -->

理科教室と工作教室

理科教室と工作教室

 少年少女向け理科教室や工作教室の開催が可能です。
 お問合せのページからご相談ください。

「光るアクセサリーつくり」

 12月8日(土)枚方子ども・いきいき広場活動「光るアクセサリー作り&クリスマスコンサート」で講座「光るアクセサリー作り」を「いきいき広場スタッフ」、「PTAふれあい委員の皆さん」と共に行ないました。
参加者71名(児童、保護者、未就学児)で予想の約2倍の参加者があり、盛況でした。
 準備された部品を選んでデコレーション後、レジンを流し込んで爪楊枝でデコレーションの形とふっくらとレジンを山形に整えます。 レジンがUVライトで固まる間に、地域の保護者の方が中心となった演奏団体「ジャイアン・リサイタル」のみなさんによる「クリスマスコンサート」が開催されました。「指揮者体験」や「飲み物やデザートの容器で作ったマラカス」を手にリズムを取ったり、歌ったり。楽しいコンサートが終えたら、レジンの固まったアクセサリーにストラップをつけて完成です。
講座風景1講座風景2

 皆さんの作品の一部です。
きれいなをバラやスパンコールなどの可愛い部品もあれば、電子部品もありと様々で、選んで並べ方をあれこれ考えることも、自分で物を作るワクワクの楽しみです。

作品1作品2


「3Dプリンタでツマミ製作」

  会員が3Dプリンタキットを購入し、組立。
 そのプリンタでツマミを作った。と言っても、
 3人の協業(輸入、組立、Wants、製図)です。
  今回の大阪北部地震で25Kgのステレオが
 落下し、周辺機器のツマミを壊した。
 下左図は壊れたツマミの横の同タイプのツマミ、
 下右図は今回製作したツマミ(塗装前)。
  隣のツマミを測定し、フィラメント樹脂の
 熱収縮や薄壁でのフィラメント樹脂の扁平度が
 判断できず、Dカット部にスリットを入れて
 バネ性をつける設計でDカット部肉厚1mmと
 0.8mmの部品図を3Dソフトで製作。
 プリンタ付属スライサーでプリンタに出力。
  3Dプリンタは溶かしたフィラメント跡が
 製作部品上に筋上に残る。これを表面を研磨し
 滑らかにした。使用したのは0.8mm品(下図)。
 この後塗装する予定。

元のツマミ製作したツマミ

  今回製作したKITはtronxyのこれ
 輸入した会員によると販売先にもよるが、¥15000~¥20000位とか。

  決まり文言ですが、あくまでキット組立ては、自己責任で!
 でもお手伝いは出来るかも、です。

  組立てにかかった時間は土曜の午後、2時間ぐらい。
 説明書の付属DVDを見て4回ぐらいでキットが完成した。

  これは中国シンセンメーカ設計製。今はシンセンにMetroが、
 あちらこちらに走っているそうな。
  バイクの後部座席を乗り継ぎ、底から地面が見えるタクシーで
 移動した記憶や複雑経路の羅湖(ろーふ)の通関が懐かしい。

「火花と電波」の実験

火花と電波S

当会員「倉茂」さんが、大阪市立科学館恒例の実験大会2017に「火花と電波」のテーマで出演。お客様の前で、実験の腕前を披露。通算7回目の出演となります。



キットで組立てのライントレーサー

 の動画です。

電波教室とラジオの組立て

radio20161103-1

 2016年11月13日(日)に交野市青年の家で電波適正利用推進協議会が開催した電波教室 に協力しました。
 参加者は6歳から11歳の男 女合わせて11名で、全員保護者が同伴されました。

radio20161103-2

 トラブルも無く無事ラジオ製 作教室をスケジュール通り終了。
 全員がラジオを動作させる事 ができ、とても楽しかったです。掲示は電波教室、ラジオの組立て風景とご指導頂いた電波適正利用推進協議会の皆さんです。

radio20161103-3

ラジオの組立て

ラジオ工作

 枚方市H28年7月度広報で募集しましたラジオ工作教室は、枚方青少年センターでH28/7/30に行われ、ワィワィガヤガヤ大盛況で終わりました(自画自賛かも(^_^;)
 会場は参加者、参観の保護者、講師や指導者で熱気にあふれ、苦労したラジオから音楽が聞こえた時は参加者、保護者、応援の妹、弟や指導者も皆ニコニコ、幸せ!(^^)!。
 枚方市青少年センターの皆様には、会場環境整備、事後整理等、ご協力頂き、大変お世話になりました。
 (右上:ラジオ工作本体、下:工作風景)

工作風景1
工作風景2
工作風景2





糸電話とぶんぶんコマの工作と実験

 H28/7/9(土)に、枚方市立山田小学校で行なわれました。

(1)糸電話のお話と工作実験

 紙カップと銅線、バネやパイプなど、使って作りました。

糸電話1
糸電話2
糸電話3






     お話(上) 工作と実験風景(下)

糸電話4
糸電話5





(2)ぶんぶんコマのお話と工作実験

 紐を動かし、こまを回すと「ぶんぶん」音をだして回る。

ぶんぶんコマ1
ぶんぶんコマ2






     お話(上) 工作と実験風景(下)

ぶんぶんコマ3
ぶんぶんコマ4
ぶんぶんコマ5





「静電気の正体」の講演

画像の説明

 枚方市立山田小学校での第2回科学教室が行なわれました。(H28/2/20終了)
 (1)光のふしぎ実験と工作(約40分)
 (2)静電気の正体(約40分)
のお話でした。今回は静電気の正体の講演内容や風景のみを掲示。

ピカピカ光るアクセサリー作り風景画像

 ピカピカ光るアクセサリー作り(広報ひらかた平成27年12月号掲載されました(H27/12/13終了)。
          (左下)工作風景と(右下)作品

ペンダント
画像の説明

 




電波教室とラジオ製作講習会(11/15終了)

画像の説明

主催:大阪府電波適正利用推進員協議会
電波のお話:当NPO法人 小南代表
場所:交野市青年の家
でH27/11/15に行われました。

designed by N Design Studio, modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional